医院ブログ(副院長ブログ)

インプラント矯正のセミナーに参加してきました。

2017年02月

寒くて雪が降るやら、花粉が飛んでくしゃみが出るやら、大変な季節の真っ只中ですが、みなさんは体調いかがですか?

先日、連休を利用して2日間の矯正治療のセミナーに参加してきました。

画期的な矯正治療の器具を開発されたドイツデュッセルドルフ大学矯正科のBenedict Wimes教授が日本に初来日され、貴重な講演を聞くことができました。

近年の矯正器具の進歩は目覚ましく、特に、矯正用のチタンピンを骨に埋入して歯を牽引して並べる治療(いわゆるインプラント矯正)を行うことで、従来では抜歯しないと歯が並ばないと診断された症例でも、現在は歯を抜かないで並べることができるようになっています。

目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科でも矯正用インプラントを用いた矯正治療を行っていますが、今回の装置は早く導入していきたいと思えるものでした。
現在、日本のメーカーが薬事法に申請しているため、夏頃から日本でも認可が下りるようです。
治療期間が短くなり、機能的によい結果となる治療ができるように、今後も研鑽していきたいと思います。
スクリーンショット 2017-02-14 11.42.27

Prof.Benedict Wilmes(左から2番目) と開発に携わった安香先生(右端)
IMG_2971

 

デュッセルドルフ大学で矯正の研修をされ、今回 Prof.Benedict Wを招いてセミナーをコーディネーターをされた山口先生(右)
S__25862183S__25862182

新しいシステムを導入するためには、科学的根拠に基づいた治療をできるようにしっかりと研修を受ける必要があります。セミナー参加などで予約が入りにくいことがありますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

目白駅より徒歩4分
目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科(新宿区歯科医師会所属)
http://mejiro-dental.jp/


目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科

pagetop