歯周病

リンク

※山形県酒田市日吉歯科(院長 熊谷崇)のリンクに飛びます。

目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科の院長 藤澤幸三郎は1990〜2001年まで日吉歯科の矯正担当医でした。

当院は痛みの少ない治療を心がけています

歯周病とは、みがき残しなどの食べかすから細菌が繁殖し、歯を支えている骨をとかしてしまう病気をいいます。
歯周病をそのままにしていると、歯がぐらぐらと動くようになり、最終的には抜けてしまいます。

日本人の80パーセントが歯周病と言われており、世界で一番多い感染症としてギネスブックにも載っています。
さらに恐ろしいところに、歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんどなく進行する“静かなる病気(Silent Disease)”という点です。
そのため、気づいた時にはもう歯を抜くしかない、という状態になってしまうことがあります。

歯周病の進行

歯周病の初期段階の「歯肉炎」は子どもを含むほとんどの年代の人に見られます。
歯肉炎をそのまま放っておくと「歯周炎」に進行します。
「歯周炎」は歯ぐきの状態が悪化し、歯を支える骨も破壊されるため歯がぐらぐらと動くようになり、最終的には抜けてしまいます。

歯肉炎~軽度の歯周炎

歯と歯ぐきの間にプラークがたまって歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています。歯を支える骨にはまだあまり影響がありません。

中等度歯周炎

歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し歯を支える骨を半分くらい失っています。

重等度歯周炎

歯を支える骨がなくなってきて歯がぐらつき、このまま放っておくと歯が抜けてしまいます。
歯ぐきが下がる、膿が出るなどの症状もみられます。

歯周治療の流れ

歯周病を予防するためには

歯周病が進行しないようにするには毎日ご自身でしていただく“セルフケア”と、歯科医師や歯科衛生士による“プロフィッショナルケア”の両立が必要です。

セルフケア
について詳しく見る

プロフェッショナルケア
について詳しく見る

pagetop