症例紹介

銀歯を白くしたい 〜セラミッククラウン〜

2015年08月

 

保険で治した銀歯を白くしたいと希望される患者さんが多くいらっしゃいます。
pic_25のコピー

保険の銀歯は審美的に悪いだけではなく、天然歯に比べて硬すぎる点や、金属アレルギーを引き起こして歯肉周囲が黒く変色したりアトピーや脱毛を引き起こす可能性があるという点が問題としてあげられます。

それらの欠点を補う意味でも、セラミックによる修復がオススメです。
セラミックの被せ物でもいくつか種類があります。

【メタルセラミッククラウン : PFM(Porcelain Fused Metal)】
これは、金属のクラウンの表面をセラミックで覆ったものです。
メタルボンドなどと呼ばれます。

【ジルコニアセラミッククラウン : PFZ(Porcelain Fused Zirconia)】
こちらは、金属をいっさい使用せずにジルコニアの表面をセラミックで覆ったものです。オールセラミッククラウンとも呼ばれます。

l201107130600のコピー

ジルコニアは人工ダイヤモンドやスペースシャトルの外壁などに使われるという例えをよく聞きますが、それくらい強度が高い素材です。
また、人工関節などに用いられたりするほど生体親和性が高く(平たく言うと体にやさしく)、歯肉とも上皮性の付着をすると言われています。

症例写真はジルコニアセラミックのクラウンを装着した当日の写真です。
前後の天然歯と比べても、それが治した歯かわからないほど審美的にきれいです。

スライド1

スライド2

保険の治療と保険外の治療の違いは詳しくは下記「虫歯治療」のページをご覧下さい。
https://www.mejiro-dental.jp/decayed/

※治療の写真は患者さんの許可を得て公開しています。

目白駅より徒歩4分
目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科(新宿区歯科医師会所属)
http://mejiro-dental.jp/


目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科

pagetop