TEL

非公開

9月7日MAD 石毛先生 口腔外科のオペの術式について

2019年08月

9月のMADは杉山先生の後輩である船橋中央病院の石毛先生にご登壇していただきます。
奮ってご参加ください!

演者1石毛俊作先生
演題「親知らずの抜歯方法、小帯切除、外傷の対応」
千葉県船橋市で病院歯科をやっております石毛俊作と申します.
2007年に東北大学歯学部を卒業後、千葉大学医学部附属病院歯科・顎・口腔外科に研修医として入局し、大学院を出て、現在は関連病院である独立行政法人地域医療機能推進機構船橋中央病院歯科口腔外科で勤務しています.かれこれ10年以上口腔外科に携わってきた経験を活かして開業医さんでも比較的処置しやすい外科症例についてポイントをお話しさせていただきたいと思います.

① 最も遭遇する機会が多いと思われる智歯抜歯.難易度の判定、抜歯方法とハマったときの対処法について.
② 小児で上唇小帯が原因で正中離開している症例や舌小帯短縮症で滑舌が悪いなど、単に切ればいいわけではありません.
③ 外傷により歯が脱臼や陥入してしまったり、口唇や歯肉の縫合が必要な急患が来たらどうしたら良いでしょう.
外科が苦手な先生でもこれくらいならちょっとやってみようと思えたら幸いです.教科書的なことに加え、具体的に実際のコツをお話しできればと思いますのでよろしくお願いいたします.

演者2藤澤
「8月に見せきれなかった歯周病や高齢者への矯正治療ケープレ」
歯周病の治療が終了後、清掃がしにくく再発に至りそうな歯並びの患者さんが多くいます。
その場合は、矯正治療をすることで清掃がしやすく歯周病の再発防止に役立ちます。
また、高齢者だからと矯正治療の提案をしない先生も多いと聞きますが、実際は老若男女共に歯並びは綺麗にしたいと考えているものです。少なくとも悪い歯並びで心から満足している方は誰もいません。
矯正は若い人向けの治療と勘違いしている方もいます。
歯科医療従事者と患者の双方で、矯正治療の正しい知識を共有することで、歯科医療従事者側には今後の治療がしやすくなるというメリットが、患者側にはずっと抱えていたコンプレックスがなくなるというメリットがあります。
目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科での治療の例を見ていただき、矯正治療の可能性を知っていただければ幸いです。

場所:目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科
日時:9/7(土) 19:30~

参加費は1,000円で懇親会費にあてます。勉強会と懇親会の出席の可否を以下のように教えてください。
・勉強会のみ
・勉強会&懇親会

pagetop