医院ブログ(副院長ブログ)

成人矯正歯科学会に参加して来ました。

2017年06月

6月24〜25日に、ビックサイトで行われた成人矯正歯科学会の大会に参加して来ました。

写真 2017-06-24 14 39 00

最近では、高齢者や歯周病の方に矯正のニーズが増えています。今回は、そんな超高齢化社会を見据えた講演がありました。

重度歯周病に対するアプローチは歯周病専門医であるスウェーデンデンタルセンター院長の弘岡秀明先生が講演され、

写真 2017-06-25 14 38 57

歯周病患者への矯正治療については、弘岡先生の院で矯正治療を担当されている加治初彦先生が講演されました。

写真 2017-06-24 15 03 34

今後は4人に1人が65歳以上の超高齢化社会になっていきます。
歯周病で歯を支えている骨が痩せてしまうと歯が動いて噛み合わせが変わって来ます。
その結果として磨きにくくなって虫歯や歯周病が進行してしまったり、物が噛めなくなってしまいます。そんな症状を防ぐのにも治すのにも矯正治療が役立ちます。
「矯正は若い人がやる治療じゃないかしら」「いまさらこの歳になってから矯正なんて」と言わず、深刻になっていないうちからしっかりと歯並びと噛み合わせを守らないと、将来的に切実で深刻な悩みを抱えて矯正治療をしなければならなくなってしまう可能性が高いのです。
小さな悩みのうちにお気軽にご相談ください。

ところで、弘岡先生は私の歯周病の師匠であり、結婚式で乾杯の挨拶もしていただいて、公私ともにお世話になっています。(写真は結婚式の時のものです)

127

講演の後にはプライベートでお茶をしながら診療の裏話を聞くという贅沢な時間を過ごしました。
この時間に聞いた内容だけでも高額なセミナー費用を出してもいいくらいの内容でした(笑)
写真 2017-06-24 17 17 07 写真 2017-06-25 16 11 39

大きな歯科学会では商社展示も充実しており、最新の材料や情報が満載で多くの先生方で賑わっておりました。目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科には各歯科矯正メーカーの方が新しいトピックがある毎に情報を持って来てくれるので、実は常に最新情報が入るようになっています。
また、私が主催して各社の営業の方みんなで会社の垣根を超えて月に1度ボルダリングジムに行く仲なので、友人に会いに行ってるような気分になります。
(写真は参加者の一部ですが6社の営業の方々との集合写真。結構レアです。)

写真 2017-06-24 18 00 37

また、メーカーの方にも依頼されて商品の広告に寄稿することもあるのですが、今回もTASKとフォレストワンのブースに私のお手伝いしたチラシが配布されていました。

TASKのミラーの広告には口腔内写真を、
写真 2017-06-25 16 50 43

フォレストワンのブラケットの広告には装置のメリットをそれぞれ寄稿しています。
写真 2017-06-24 14 47 56

今回は特に同窓会のような会となりましたが、勉強を楽しみながらできる環境にはとても感謝しています。

学会やセミナーに参加することで予約が入りにくくなって申し訳ありません。
今後もより精度の高い診療ができるように日々精進していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

pagetop