症例紹介

CR(コンポジットレジン)修復のやり直しの時期

2015年09月

虫歯治療の材料の一つにCR(コンポジットレジン)という材料があります。ダイレクトボンディングなどと呼ぶ事もあります。保険診療が可能で、歯に直接はり付けることができるため、1日で治療が終了します。しかし、保険のCRは5〜6年で周囲の接着力が劣化して、また虫歯になり始めるという統計があります。CRは歯に近いひずみ方をするように開発されています。しかしながら、食事や食いしばり、歯ぎしりによって毎日ひずみが生じるため、その誤差がどうしても生じ、だんだんと剥がれてしまうのです。  はがれたかけた状態では、...

記事詳細へ

銀歯を白くしたい 〜セラミッククラウン〜

2015年08月

 保険で治した銀歯を白くしたいと希望される患者さんが多くいらっしゃいます。保険の銀歯は審美的に悪いだけではなく、天然歯に比べて硬すぎる点や、金属アレルギーを引き起こして歯肉周囲が黒く変色したりアトピーや脱毛を引き起こす可能性があるという点が問題としてあげられます。それらの欠点を補う意味でも、セラミックによる修復がオススメです。セラミックの被せ物でもいくつか種類があります。【メタルセラミッククラウン : PFM(Porcelain Fused Metal)】これは、金属のクラウンの表面をセラミックで覆ったも...

記事詳細へ

pagetop