医院ブログ(副院長ブログ)

歯科用CTを導入して精密な検査と診断をしています。

2016年03月

2016年2月に歯科用のCTを目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科に導入致しました。

今までは、埋伏している歯の位置を調べたり、インプラントの術前検査、重度歯周病の再生療法の検査や評価のCT撮影をするために大学病院へ行ってもらう必要がありました。

しかし、今後は目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科内でCTを撮影できるため、ご足労なく精密な検査ができるようになりました。

歯科用CTといいながら、目や鼻の状態まで確認することができます。
そのため、耳鼻科や眼科でも同じ機種を使用している院が多いそうです。

pic_29 pic_30

歯科用CTの説明ムービーはこちら

歯科用CBCTは全身を診るための医科用CT撮影と比べて被曝量がとても少ないのが特徴です。
1回の撮影の被曝量は、東京〜NY間の飛行機に乗った時の自然被曝量と同程度だそうです。

NAVERまとめに『歯科治療におけるCT撮影の必要性』というまとめがありました。
ご興味があればご覧ください。
http://matome.naver.jp/odai/2138735820750671801

今後も地域の歯の健康に役立つような設備を充実させていきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

目白駅より徒歩4分
目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科(新宿区歯科医師会所属)
http://mejiro-dental.jp/


ekiten-card
目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科

pagetop