TEL

TOPICS

前歯部のセラミッククラウン

2019年08月

矯正治療+ 上顎左側中切歯(向かって右の変色した前歯)のみセラミッククラウンで修復しています。歯は一生使うものです。手っ取り早く歯並びの見た目のみを改善するために削って被せる行為はいつか必ず後悔します。一瞬ではなく、一生の歯の健康を!使用した材料:ジルコニアセラミック冠(PFZ)治療期間:1ヶ月(矯正治療は含まない)来院回数:3回(形成、仮歯セット、最終クラウンセット)費用総額:150,000円(税別)治療のリスク:神経が生きている場合は失活する可能性がある。将来的に歯肉が後退すると、被せ物との境界線が露出する。過...

記事詳細へ

茶渋やタバコのヤニの清掃(エアフロー)

2019年08月

よくお茶を飲んだりワインが好きな方は、歯の表面にステインと呼ばれる着色が付着します。歯科医院ではこのステインを、エアフローという器具で簡単に除去することができます。ジェット噴流で専用の粉を吹きかけることで、歯を傷つけることなくステインのみを除去する方法です。保険適用外の治療となるため、自由診療となります。鏡を見て歯に色が付いてきたな〜😨と思ったらお気軽にお問い合わせください。使用した器具:ナカニシ製エアフロー治療期間:1日来院回数:カウンセリング〜クリーニングの2日費用総額:5,400円治療のリスク:歯肉からの出血...

記事詳細へ

前歯の審美修復(CR治療)

2019年08月

歯ぎしりや食いしばりにより歯はたわみます。その結果として、歯の表面が削れ落ちるように凹みができてしまうことがあります。知覚過敏になって冷たいもので痛みを感じたり、見た目にも障害が出てきます。⠀その場合、歯の表面にCR(コンポジットレジン)と呼ばれるプラスチックの樹脂を貼ることで改善ができます。CRは歯を削らずに直接接着させて貼り足していくことができるため、歯にも優しいのが利点です。ただし、長い年月が経過すると水を吸って変色してくるため、付け爪のように薄いセラミックを歯の表面に貼る「ラミネートベニア」という方法もあり...

記事詳細へ

奥歯の部分矯正

2019年08月

奥歯の位置が悪く、上下の歯が噛み合っていないとほっぺたの内側の肉をよく噛んでしまうようになります。この状態が長く続くと潰瘍になり、将来的には癌化する可能性もあります。また、噛み合ってない歯自浄作用(上下の歯がお互いに擦れあって自動的に汚れを落とす作用)がはたらかないため、虫歯のリスクも高くなります。部分矯正を行うことで、上記の問題解決が可能です。装置もコンパクトで違和感も少なく、満足度の高い治療です。一瞬ではなく、一生ものの噛み合わせで健康になりましょう。使用した材料:矯正用ブラケット治療期間:5ヶ月来院回数:7回...

記事詳細へ

pagetop